banner

拠出について

一般社団法人設立における拠出について

人が集団になって何かの活動を行う際、よりやりやすくするために団体を作ることがよくあります。例えば利益を追求するなら株式や有限といった会社の設立を、そして「非営利」「営利を目的としない場合」においては一般社団法人を設立するのがおすすめとなっています。それぞれ個人ではできない活動が団体になれば行える場合がありますし、資産運用、資金集めなどにも役立ちますので、考えてみるのがいいでしょう。

しかしながら非営利である一般社団法人の活動資金はどうやって集めればいいのか、拠出に関してしっかりと学んでおかないと、設立したはいいけれどすぐに活動停止になった、そんなことになってしまう場合があります。

それでは一般社団法人とはそもそもどういうものかというと、非営利団体であり、設立する条件としては人数が最低2名から、そして資金に関しては0円でも可能となります。そして非営利という言葉で利益を出してはいけないと勘違いする人も多くなっているのですが、ここでいう「非営利」とは剰余金の分配を社員に対して行わないことであり、分かりやすくいえば株式会社の場合は資金を出した、株主には儲かった分を支払う義務が生じるのですが、一般社団法人においてはそれが禁じられているということになります。

しかしながら団体として活動を続けていくためには資金が必要となり、そのためにあるのが「資金制度」になっていて、出資ではないので剰余金の分配は得られません。そして一般社団法人設立において基金の拠出必要だと思われがちですが、株式会社の資本金とは異なり、基金は必ず設けなければならないわけではなく、あくまで任意となります。ただこれがないと活動もできませんので、だいたいにおいては必要に迫られて設置することが多くなっています。

一般社団法人と会社の違いは大きく、またボランティアとも異なることをしっかりと理解して設立を考える必要があります。そして剰余金の分配は行いませんが、任命している理事の報酬や社員に対する給与に関しては支払っても問題ありません。そして利益も上げて良い、むしろ活動を活発化するためには積極的に行っていくことが推奨されるのです。

重要なのは株式会社などのように出資を行なえないことで、そのことをしっかりと理解したうえで基金などを作る必要が出てきます。そして活動資金や給与など必要な金銭をしっかりと集めることが大切で、それが団体を持続させる重要なポイントになります。”

Copyright(c) 2016 一般社団法人設立における拠出について All Rights Reserved.