banner

Archive for the ‘未分類’ Category

設立資本金

2016-03-10

一般社団法人の設立における資本金

一般社団法人という言葉が世間に認知されだしたことにより設立を目指す方も増えてきました。しかし、名前としては知っているもののどういった活動がメインとなってくるのかを把握していない方も少なくありません。まず始めに社団法人の活動内容や設立方法を知っておくことでその後の活動がよりスムーズになるのではないかと思います。一般社団法人の活動は営利目的でない活動を指しています。この営利を目的としない活動というのが重要なポイントとなっています。つまり社員に対して利益分配をしてはいけないという意味になります。株式会社の場合は株主に対して配当を出しています。その違いをしっかりと把握しておかなければなりません。営利を目的としない活動としてはNPO法人と似ているとも言えます。

次に社団法人を設立することの魅力に関して記載していきます。設立における最大の魅力は世間に対してし信用が高まるという点です。法人化をしていることで相手先の企業への信用度が変わっていきます。相手先が法人であった場合はこちらが法人化しているのかはすごく重要な判断基準になってきます。行政から委託事業を請け負う際も判断基準に入れられることがあります。これらのように信用がないと仕事を回してもらえないことも多いといった理由から設立される方も少なくありません。仕事を依頼する際に信頼のおける活動であるかというのは重要になっていきます。これまでの実績や活動内容だけでなく、法人として活動は信用が得やすいメリットがあります。

次に資本金の話です。一般社団法人の設立に資本金という考えはありません。そのため、資本金が0であっても始めることは可能です。もちろん、諸費用は掛かりますがそれも大きな額ではありません。しかし、資本金に似たような考え方はあります。それが基金です。基金とは活動の基盤となる拠出金のことを指しています。一般社団法人は資金がなくとも始められる法人形態ではありますが、それでも資金がなければ活動を持続していくのは難しいです。基金は社員や社員でない人から財産の拠出を受け、基礎財産を形成します。この基金は法人の財産となるわけではありません。一定の要件を元に返還の義務が生じます。長期的な運営を目指し、基礎財産として基金を設置する法人も多くなってきています。基金は資本金とことなり任意のものですので法人の運営方法などを検討し、決定することをおすすめします。”

Copyright(c) 2016 一般社団法人設立における拠出について All Rights Reserved.