banner

設立メリット

一般社団法人を設立するメリットとは

一般社団法人とは、営利を目的としない非営利団体を法人化させたものです。
よく勘違いされるのは、「非営利団体」というと利益を生み出す経済活動をしない団体と思われがちですが、構成員に余剰金の分配(株式配当のようなもの)を行わないという意味で、活動により収益を得ることや給与や役員報酬を支払うことをしないという意味ではありません。

団体といっても設立時に2人以上いれば良い上に、設立後は1人であっても存続することができますので、小規模であっても一般社団法人を名乗ることができます。また、資金に制限はなく、0円でも設立可能です。
また、事業内容についても特に指定が無いので、法に触れるようなことでない限りは制限はありません。

そのため、一般の会社のような収益性のある事業を営むこともできますし、組合のような共営事業を営むこともできます。
ただし、公益性の高い事業を行う一般社団法人は一定の基準を満たすことで公益社団法人となることができ、法人税などで大きな優遇を受けることができます。
このように大変幅広く該当する内容の一般社団法人ですが、設立すると得られる大きなメリットがあります。

それは、まず第一に社会的信用が高まることです。
任意団体として活動していると、たとえ真面目に活動していたとしても、HPを充実させたり、しっかりとしたパンフレットを作ったり、その活動をしっかりアピールしないとなかなかその存在を信用してもらえないという現実があります。
ただし、法人化していることで信用が上がります。また、法人化されると名称に「一般社団法人」と入りますので、一目で相手にわかります。

もう一つ大きなメリットは、任意団体の場合は団体名義での登記や契約がしづらいことがあり、多くの任意団体は代表者の個人名義での契約や登記を行っています。
例えば、団体として使用する銀行口座でも個人名での契約しかできないため、代表が変わると口座変更の必要が生じたり、何か問題が起きた時には個人として損害賠償が生じるというリスクもあります。
しかし、法人化することで、法人名での登記や契約ができるようになるので、団体としての活動がスムーズになります。

また、一つ目にあげた信用にもつながるのですが、一般社団法人となると人が集まりやすいということもあります。
任意団体には敷居がありませんので、しっかりした団体かそうでないかの見極めは難しいと考える人は多く、法人化されていることで一つの指標とされてリクルート活動がしやすくなるという側面もあります。

Copyright(c) 2016 一般社団法人設立における拠出について All Rights Reserved.