banner

リストを作ろう

一般社団法人設立に向けてリストを作ろう

何かの目的があって行動を起こそうとする、多くの人数が集まっているのなら団体を作った方がよく、その活動内容が「営利を目的としない」「非営利」である場合は、一般社団法人を設立するのがいいでしょう。一般の会社と違って利益分配の義務がなく、ひとつの目的にそった活動を行うことができます。

ただしどんな団体でも設立を考えた場合、法的に必要な手続きや準備するものが出てきます。それらをスムーズにするためにはリストアップすることが望ましく、最初に作っておくとミスを避けることができます。

では一般社団法人を設立するために必要なものはなにかというと、まずは定款作成、定款認証手続、役員選任や代表理事選任、一般社団法人設立登記申請、これを終えてはじめて設立が法的に認められるのです。そしてひとつひとつはさほど難しくなく、また手続きにかかる費用もさほど高額ではないので問題にはなりませんが、役所仕事というのはひとつの項目が抜けている、ミスがあるとやり直しとなるので時間がかかってしまう場合があります。それゆえ無駄を省くためにも、必要な項目をリストアップしておくことが求められるのです。

そして一般社団法人で役員や理事の必要性が出てきて、そういった役職に就いた場合に給与の発生が気になるところだと思われます。そして非営利というのは利益を出してはいけないのではなく、剰余金の分配を行わないということで、正規の働きに対する報酬を支払うこと、そして利益を出すことは許されています。これをボランティア活動と勘違いしてしまうと、せっかく一般社団法人として活動をはじめたのに、資金繰りに失敗して、人がいなくなって、活動停止となってしまうのです。団体である以上、活動には資金がかかりますし、それを利益として得ることは正しく、正当な働きに対して給与を支払うのも当然のことになります。

法律的に時に難しく考えがちになりますが、少なくとも一般社団法人を設立するのはそれほど難しいことではありません。必要なことをリストアップすることで作業がスムーズになりますし、必要な項目が揃っていれば受理されないことはほとんど起こらないのです。それゆえ大切なのは作った後の活動、持続させていくことになっていて、それゆえしっかりとしたビジョンを持つこと、方針を立てることが大切になります。しっかりと学んで作り上げる、そして活動を続けていく、これが大切なポイントになっていくのです。”

Copyright(c) 2016 一般社団法人設立における拠出について All Rights Reserved.